キャバクラは、同伴という形式でデートも出来る、

キャバクラは、同伴という形式でデートも出来る、

 

キャバクラというのは、普通に綺麗な(・・?)女の子とお酒を飲みながらお話するところです。
普通、高級のキャバクラでは、男性客一人につき女性一人が付いてくるところもありますし、場所によっては一寸したお触りができたりもします。
それに、何度か通って顔なじみになり気が合えば、希望の女性とアフターといって店の外でデートをすることも。

 

これは、所詮は男と女ですから、女性は商売の延長線上で外でのお付き合いする場合と実際に恋愛感情に陥りお店に内緒で、或いは勤務外で交際することも出来ます。
勿論、本人たちの意思によっては、お互いが同意してホテルにも行くこともあります。

 

一般的には、外でのお付き合いは、店舗によっても異なりますが、店外でのデートについては「同伴」という形式で、お店の仕事の一貫として捉えているようです。
閉店後にキャバ嬢とお客で2次会といって、酒などを飲みに行ったり、カラオケに行ったりする、所謂、アフターという形式があり、同伴による出勤の回数は、キャバ嬢の給与体系の中に、しっかりと組み込まれており、同伴回数にノルマを設けている店なども存在するようです。

 

又、同伴回数や指名回数(本指名や場内指名というのがある)やキャストドリンクの売り上げ等に関しても、給与の中にプラス料金として上乗せされます。

彼氏のキャバクラ通いを容認する理由

私の彼氏がキャバクラ通いをするようになったのは先週のことです。
どうやらかわいいお目当ての子がいるらしく、私そっちのけで遊んでいます。

 

普通だったらキャバクラ遊びをしている時点で、彼女として意見しますよね。
「やめてほしい」っていいたい気持ちもありますが、なにせ私も元キャバクラ嬢なので大目に見ています。
元々キャバクラで知り合った私達なので、ちょっと普通のカップルより特殊な環境なのでした。

 

キャバクラに遊びにくる男性の心理もよくわかっているつもりです。
浮気のつもりはなく、日常の仕事に対するストレスを発散するために来ていることがほとんどでした。
中には擬似恋愛を楽しむ場として利用されている方もいらっしゃいましたが、それはそれでありなのではないでしょうか。

 

と、このように普通の女の子よりも寛大な理由がおわかりいただけたと思います。
目的があってキャバクラで働いていたんですが、達成されたので現在では足を洗っているけれど魂は失われたわけではありません。
今だって機会があればまた働きたいとさえ思っている、そんな秋の午後なのでした。

 

キャバクラのボーイの仕事ならこちら

 

キャバクラ通い

 

ピラティス 養成

はまってしまうキャバクラ

キャバクラほど男にとって気持ちよくお酒が飲めるところはありません。自分の周りには美女がついて、おもてなしをしてくれるのです。もてない男であったとしても自分に対して優しく接してくれるのです。
これほどの癒しは経験したことがないと思うような、そんな気分に浸れるのです。ですからついついはまってしまい、キャバクラでお金を使ってしまうということがおきてしまうのです。

 

そんなキャバクラですが、かわいい女の子がいるとその女の子のためになにかしてあげたいと思うようになります。キャバクラ嬢はおねだりが上手であり、セクシーさも持ち合わせているので、色気やしぐさなどで誘われているような気持ちにすらなってしまうことがあります。自分のことを気に入ってくれていると思って入れ込んでしまうのです。

 

お金がない時にはなかなかお店にはいけないことが多いものの、キャバクラ嬢から電話がかかってきたりすることもあり、お店に来て欲しいと甘い誘惑を受けることもあります。
社長という立場でお金に困っていないのであればこうしたところでいつも遊ぶことも可能ですし、独身が癒される場所であり、既婚であっても内緒で、または心の広い配偶者であれば許してくれるかもしれません。

 

1度は行ってみたいキャバクラは誘引力が凄いです。